CentOS6でyumできなくなった、ffmpegをmakeしてinstallしてみる




ffmpeg のインストール

# cd /usr/local/src
# git clone git://source.ffmpeg.org/ffmpeg.git ffmpeg
# cd ffmpeg
# ./configure --enable-gpl --enable-nonfree --enable-libfdk_aac --enable-libx264 --enable-shared --arch=x86_64 --enable-pthreads
# make
# make install
# ffmpeg -version
ffmpeg version N-70803-g0f16dfd Copyright (c) 2000-2015 the FFmpeg developers
built with gcc 4.4.7 (GCC) 20120313 (Red Hat 4.4.7-11)
configuration: --enable-gpl --enable-nonfree --enable-libfdk_aac --enable-libx264 --enable-shared --arch=x86_64 --enable-pthreads
libavutil      54. 20.100 / 54. 20.100
libavcodec     56. 28.100 / 56. 28.100
libavformat    56. 25.101 / 56. 25.101
libavdevice    56.  4.100 / 56.  4.100
libavfilter     5. 12.100 /  5. 12.100
libswscale      3.  1.101 /  3.  1.101
libswresample   1.  1.100 /  1.  1.100
libpostproc    53.  3.100 / 53.  3.100

ffmpegの動作確認

# ffmpeg -i /tmp/sample.mp4 -s 200x150 \
  -vcodec libx264 -profile:v baseline -preset:v slower \
  -b:v 300k -maxrate 300k -minrate 300k -bufsize 1000k \
  -ac 2 -c:a libfdk_aac -b:a 64k /tmp/encoded_sample.mp4

これで使えるようになりました。元々rpmforgeだったけで使えてたのに、もうなくなったんですねこのリポジトリ。




スポンサーリンク
広告




広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告